AirPods Proを新品に!修理プログラム利用レポ

IT
この記事は約4分で読めます。
どら
どら

2020年10月頃より前にAirPods Proを購入し、音が変だなと思っている人、必見です!

先日、Appleの「AirPods Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム」を活用してAirPods Proを新品と交換してもらいました。この記事では、AirPods Proに起こった不具合と、実際に交換を行ったときの流れについてまとめています。

この記事のまとめ
  • 修理プログラム対象であればイヤホン部を新品に交換
  • 2020年10月までの製造で、購入から3年以内が対象
  • Appleストアであれば、即日交換も可能
スポンサーリンク

AirPods Proの不具合

私が愛用しているAirPods Proは、2019年のクリスマスに妻のららからプレゼントしてもらったものです。ノイズキャンセリングの性能がとても気に入っていて、もらってから丸2年、毎日リモート会議や動画鑑賞などで欠かさずに使用していました。

どら
どら

YouTube見ながら寝落ちするのが最高なんですよね〜

Apple AirPods Pro ワイヤレス充電対応
包み込むようなサウンドを生み出すアクティブノイズキャンセリング。周囲の音が聞こえて、今起きていることがわかる外部音取り込みモード。一日中快適につけていられるようにカスタマイズできる装着部分。耐汗耐水性能。そのすべてを超軽量のインイヤーヘッドフォンに。どんなApple製デバイスでも簡単に設定できます。

音がちょっとおかしいな?と感じるようになったのは、3ヶ月前ぐらいからでした。

異音は両耳に発生していたのですが、特にひどかったのが右耳のイヤホン。本体の何かの振動と共鳴しているような「ジーーー」という大きな音や、ホワイトノイズのような「ザーーー」という音がたびたび聞こえるようになっていました。リモート会議の音声が聞き取りにくくなったり、電話応対に支障が出たりしていたので、ちょっと日常使用に困るレベルでした。

とはいえ、すでに2年も使用していたので、残念だけど寿命なのかなという思いもあり……。新しいノイズキャンセリングイヤホンを購入しようかな〜と考えていた矢先、下のAppleのページを発見しました。

修理サービスの画面

出典:Apple (AirPods Proの修理サービスプログラム を 2022年2月14日に撮影)

私が持っていたAirPods Proは2020年10月より前に製造されたものだったので、このプログラムの対象となることが判明。早速交換をお願いすることにしました!

スポンサーリンク

交換までにやったこと

実際に交換するまでに以下のことを行いました。

交換までに行ったこと
  • ステップ1
    Appleサポートへの連絡

    シリアル番号を伝えると対象モデルか確認してくれます
    対象モデル(詳細は公式ページをご覧ください):
    2020年10月より前に製造された AirPods Pro
    購入日から3年以内
    該当の不具合が出ている
    ※ 私の場合、公式ページに記載している症状そのものではなかったですが、検査で「症状あり」と診断され、交換対象となりました

  • ステップ2

    在庫があれば即日交換も可能とのことでした
    なお、現在、ストアは完全予約制となっています

  • ステップ3
    Appleストアで検査・交換

    検査の所要時間は20分ぐらいです
    検査で不具合が確認されないと交換が出来ない旨の説明を受けました

  • ステップ4
    新品をゲット!

    なお、新品になるのはイヤホン部のみで、ケースは交換されません

その他、気づいた点として以下のことを追記しておきます。

  • 自宅から現物をAppleの工場に送って対応してもらう場合:可能ですが、日数がかかります(たしか1週間程度)。私の場合は仕事で毎日使用しているので、即日交換可能なAppleストアに行きました。
  • 正規サービスプロバイダに依頼する場合:同じく日数がかかるようです。私が電話で確認した店舗(カメラのキタムラとビックカメラ、クイックガレージ)の場合は、店舗にイヤホンの在庫がないため、一度イヤホンを預け、店舗から工場へ発送という流れでした。また、交換品を受け取るのに再度店舗に行く必要があります。ですので、同じ日数がかかるのであれば自宅からの発送のほうが手間的には楽かと思います。
  • 中古品などの場合:私の場合、購入履歴や購入者の確認(私のAirPodsの場合、購入者は妻)はありませんでした。もしかしたら、中古品などでも対応してもらえるかもしれないです。
どら
どら

交換してくれるのはありがたいけど、Appleストアが近くにないと日数がかかるのが難点。。。

スポンサーリンク

まとめ

この記事のまとめ
  • 修理プログラム対象であればイヤホン部を新品に交換
  • 2020年10月までの製造で、購入から3年以内が対象
  • Appleストアであれば、即日交換も可能

今回は、AppleのAirPods Proに起きた不具合と交換プログラムの流れを紹介しました。ノイズキャンセリング性能が気に入っているので、新品が手に入ってとてもラッキーでした。

実際に交換してもらって、なぜかノイズキャンセリングの効きが良くなったように感じました。嬉しくて、帰りの電車ではずーっと音楽を聞きながら帰ってきました。

対象のモデルを持っている方は、購入日から3年以内しか対応してくれないのでお早めに〜

ありがとう、Appleさん
らら
らら

プレゼントしたものを長く使ってもらえて嬉しい😆 不具合直ってよかったね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました