【サーバー代: 月5円】格安でブログ開設② 〜 サーバー構築編

IT
この記事は約7分で読めます。
どら
どら

レンタルサーバーでなく、話題のクラウドを駆使する、どらです

この記事では、前回のサーバー検討編の続きとなるサーバー構築について、実際に行った流れなどを説明します。

この記事はこんな方にオススメ
  • なるべく費用をかけずにブログを開設したい人
  • Google Cloud Platformでブログを開設したい人
  • 多少のITスキルと英語スキルのある人
この記事のまとめ
  • Oracle (OCI)はアカウント作成の途中でエラー
  • Googleのクラウドでセットアップ
  • サーバー構築は簡単でした
スポンサーリンク

Oracle Cloud Infrastructureのセットアップ

前回の記事で調べたとおり、Oracleは無料枠のスペックが大盤振る舞いなので、まずは第一候補としてセットアップを試みました。

どら
どら

ただ、先に結論を書くと「セットアップがうまくいきませんでした

以下にどんなエラーでできなくなったのか、詳細を記載します。

セットアップ手順

  1. Oracle Cloud Free Tierのページを開き、「無料で始める」をクリック

Oracle Cloud Free Tier サインアップ画面

出典:Oracle (Oracle Cloud Free Tier サインアップ画面 を 2022年2月20日に撮影)
  1. 国として日本を選択、名前メールアドレスを入力し、私は人間です をクリック
  2. 入力したメールアドレスにリンク付きのメールが届くので、リンクを開く
  3. Account information(私の場合ここから英語になった)のページになり、
    パスワード会社名(私は個人で使用したいので、Department Nameに「Personal use」とだけ記載した)、Cloud Account Nameを入力、Home RegionとしてOsakaを選択
    ※Tokyoを選ぶとA1 instance(こちらが大盤振る舞いしているクラウド)が取れない可能性が高いとの警告が出ているので注意
  4. Address informationのページになり、住所電話番号を入力
  5. Payment verificationのページになり、Add payment verification methodを選択
  6. カード情報を入力
  7. 緑色のバックで、Thank you!と出る
    (この時に120円か200円の決済、同額のキャンセルがカードに来る)
  8. カードの登録を確認して、Agreementに同意Start my free trialを選択
  9. Error processing transaction – We’re unable to complete your sign up. Common sign up errors are due to: (a) Using prepaid cards. Oracle only accepts credit card and debit cards (b) Intentionally or unintentionally masking one’s location or identity (c) Entering incomplete or inaccurate account details. Please try again if this applies to you. Otherwise, contact Oracle Customer Service.” と出て、詰む
どら
どら

最後の最後で先に進めないという悲しきエラー。。。😭

試したこと

変えることができる項目として、メールアドレスを他のもの(Gmail、Yahoo! Japan Mail、Windows Live Mail、ネットプロバイダからもらっているメール)に変更してみたり、カードを複数のVISA、MasterCardに変更してみたり、更に会社名に本業のもの(サインアップ後変更しようと考え)を入力したりと、全部で10通り以上試しましたが、同じエラーで進めませんでした。

ちなみに、エラーメッセージどおりにサポートに連絡したのですが、2週間経っても返事は来ていません。ウェブ上で、すでに試した人たちの意見(ここここここここ)を見つけたので、これらを参考に、短いメールアドレスや、自分の名前が入ったアドレスでも試しました。かつ、以前アカウントを作成したことはない(同姓同名の別人の有無は流石にわかりません)ので、手は尽くしたと考えています。(ここのiKindredさんの「まだ客じゃないから問い合わせは無駄だよ」は笑ってしまいました)

なお、2022年2月4日に実施したときの私の情報での現象です。
今後、うまく動作した場合にはこちらを修正、加筆します。

どら
どら

Oracleの無料枠に期待していたのにセットアップが出来なく、非常に残念。。。

Oracleが難しかったので、気を取り直して、第二候補であるGoogle Cloud Platformでセットアップすることにしました。

スポンサーリンク

Google Cloud Platformのセットアップ

どら
どら

Oracleと比べて、あっさりセットアップが終わりました。

実際の行ったセットアップ手順を記載します。

セットアップ手順

  1. Google Cloud Platformのページを開き、「無料で開始」をクリック

Google Cloud Platform セットアップ画面

出典:Google (Google Cloud Platform セットアップ画面 を 2022年2月20日に撮影)
  1. Googleアカウントでログイン(持っていなければ作成)
  2. Try Google Cloud for freeと書かれたページにアクセスし、
    使用目的電話番号クレジットカード情報を入力(特にエラーなし!)
  3. 下の画像のようなGoogle Cloudのコンソール画面が表示され、
    マーケットプレイス」を選択(左のバーがなければ、左上の「≡」をクリック)

Google Cloud Platform コンソール画面

出典:Google (Google Cloud Platform コンソール画面 を 2022年2月20日に撮影)
  1. WordPress with NGINX and SSL Certified by Bitnami and Automattic」を検索し選択
    運用開始をクリック
  2. 無料枠で使える最大限の構成を入力(私は下図のように入力した)
    現在、us-west1/us-central1/us-east1でe2-micro、30GBのメモリが可能
    ※最新情報は、ここの「Comute Engine」を参照

WordPressのデプロイ画面

出典:Google (WordPressのデプロイ画面 を 2022年2月20日に撮影)
  1. Allow HTTP traffic from the InternetとAllow HTTPS traffic from the Internetはチェックを入れたままにして、同意をして、デプロイを押すと、
    デプロイが開始され少し待つと、下図のような画面が出れば完了

WordPressのデプロイ完了画面

出典:Google (WordPressのデプロイ完了画面 を 2022年2月20日に撮影)
どら
どら

スムーズに進むっていいね〜😆

WordPressのURLにアクセスするとデフォルトのページが表示されます。

これであなたもブログオーナーです!

2022年3月12日 費用についての補足
2月の請求が確定しましたので、参考までに画面を添付します。

実際の初月の請求金額(プロモーションを除いた金額です)

合計で5円の請求が来ておりました。無料枠を利用しているのですが、完全に無料というわけにはならないようです。

調べてみると、こちらはネットワーク関係の使用量でした。すなわち、アクセスが増えると、この金額は高くなるかもしれません。もしも、金額が増えてきたら、ブログが有名になってきた!と前向きに考えましょう。

ちなみに、入会から3ヶ月間は、Googleから300ドルのプロモーションをもらっているので、請求金額はゼロ円になります。

スポンサーリンク

まとめ

この記事のまとめ
  • Oracle (OCI)はアカウント作成の途中でエラー
  • Googleのクラウドでセットアップ
  • サーバー構築は簡単でした

この記事ではサーバー構築についてまとめました。
次回は作成したサーバーをHTTPS化して、このシリーズを終わらせたいと思っています。

皆さんのブログ開始の後押しになればと思います。

らら
らら

いろいろお疲れ様でした〜〜

ちなみに、ブロガーになったら以下のアフィリエイトがおすすめです(私も現在加入中)。

  • 王道アフィリエイトサイト「A8.net」
A8.netの公式ページ


  • Amazon提携が可能な「もしもアフィリエイト」
もしもアフィリエイトの公式ページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました